2007年01月31日

ららぽーと豊洲で石鹸を

ららぽーと豊洲へ行ってきました。
思いがけずハンズが入っていたので石鹸見てみました。
たぶん、新宿よりは少なめかな?
フロア面積は新宿より小さいと思うので
商品もそんなにたくさんは置けないんだと思います。

以前からほしかったよもぎ石鹸と
(パルシステムで四個セットで売ってたけど
まず四個も要らないので)
ゆず好きなのでゆず石鹸買ってみました。

20091007_3020998

よもぎは315円、ゆずはちょっと高くて630円。
1000円以上の石鹸は私には高すぎるので
よほど食指が動かないと買いません。

オリーブオイルが入っているのが好き。
ダフネとかアダテペとかアレッポとか。
(ダフネは高い。アダテペはイマイチな触感。
アレッポはでかいw)
炭とか泥とかよもぎとかゆずとか豆乳とかミルクとか
米ぬかとかローズマリーとかも好き。
石鹸成分のほかに何かひとつ入っているのが好き。
よほど嫌いなものが入ってるんでなければ
何でも試してみたいです。
飽きっぽいので、ひとつを長く使うってことが
難しいかも。よほど気に入らないと。
今使っているカサブクレイは結構好きかも。

次にほしいのはパルシステムのこんせんくん石鹸。
これ一回買ってみたい。
パッケージが牛乳パックでかわいいのです。
いかにもカラダに良さそうな雰囲気。
まったくの無添加、真っ白い安い石鹸も使いたい。

とりあえず顔と身体と手で3種類は同時に使えるかな。
日によって、気分によって使い分けてもいいし〜。
なんて思ってまた石鹸台を買ってきた。ああ・・・。
posted by mamisuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月30日

井の頭自然文化園のモルモット

井の頭自然文化園へ行ってきました。
(井の頭動物公園だと思っていた・・・)
天竺ネズミ(モルモット)を抱っこするために。

いくらでも抱っこできるんです。
抱っこと言っても、膝の上に載っけるだけだけど。
載っけてると膝があったかーくなってきて
(正確には太ももに載っけてたけど)
「もしかしてオシッコしたかも」なんて不安にも
なりますが、オシッコはしませんでした。

20091007_3020990

20091007_3020991

20091007_3020992

20091007_3020993

20091007_3020994

20091007_3020995

正面顔がマヌケです。

20091007_3020996

20091007_3020997

おもち!? おもちじゃないの!?
もー、超カワイイ! うぎゃー!

膝に載せるとだいたいジーッとしてます。
抱かれるのに慣れているのかな。
それともこういう性格なのかな。

どこをなでると喜ぶとか、もっと係の人に
聞けば良かった。
フツウに背中や頭をソロリソロリとなでてました。
なでる度にモルがジーンと細かく振動するのが
面白かったけど。
もしかして緊張とかストレス?だったら
かわいそうだな。

井の頭公園を出た後は、ららぽーと豊洲へ。
その話はまた後で。
posted by mamisuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月27日

百合宣言

うちの百合長(デカ長とかイタ長みたいな。
こう呼ぶと怒られるww)が百合マンガを描けと
怒るのでそろそろ描こうと思いますです。

と、ここで宣言しておかねば!
意志の弱い私はまたぐだぐだだらだらと時を過ごし
「あれ〜、また描く時間がなくなっちゃったぁ」
ってなるので。

この駄馬が! ノロマが!


自分自身に何か言う言葉があるとすれば

「恐れずに描け!」ってことですかね。

確か前も書いたけど
「描けなくても描く。描いたもん勝ち」なんですよね。
描けないからと描かないでいたら
一生描けない、1000年たっても描けないよ、ですよ。

世の中、描けないものを描いてる人イッパイいます。
犬猫にしたって、うまく描けない人が描いているのを
よく見ます。
「こ、これが犬!?」って驚くような絵でも
描いたもん勝ちなんですよ。
犬は下手なので描けないから描かないと
思っている私より、下手でも描いている人の方が
がエライ!と私は思ってます。

下手な絵は世の中に出せないというプライドから
いつまでも描かないままでいると
いつまでも上手にはなれないのです。
陰で練習すれば別かもしれないけど
練習してから・・・なんて思っていて
練習した試しがありますか?私はない!w

中学生の頃ノートに鉛筆でマンガを描いてましたが
その頃SFが好きで、宇宙船とか描いてたんですね!
宇宙船ですよ!! 
今その宇宙船見られないですよ、恥ずかしくて。

まったく描けないのに描いた精神は立派ですよ。
若いからできるんですよ。

「若い人はいいね〜」なんて気取ってる場合じゃ
ないってことが最近わかったんですよ。
絵を描くのに、若いも年寄りもない!
頭に浮かんだ物は何でも描く!
描けなくても描く!

そういう精神でこれからやっていこうと
思うのです。

最近自分はよくマンガを一生懸命描いていた
寝る間も惜しんで描いていた日々を
思い出します。

あの時の自分にまた帰ってきてほしい。
あんなに、あんなに好きだった。
親に隠れて、勉強してるふりしながら
必死で描いていた時期があった。

熱い情熱っていうものを取り戻せるなら
いくら払ってもいいぞ!

なんつって。
posted by mamisuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記